「冬景色文花瓶」を買取させて頂きました。|ドームの西洋アンティーク・ガラス工芸は高価査定を実施しております。

「冬景色文花瓶」

ドーム

冬景色文花瓶|作品番号:#17

・製作:-
・技法:不明

ドーム 作品の売却をご検討のお客様へ

ドームの不明は市場価値が高い為に、当社では他社に比べてもより高い査定額のご提示・高額買取に努めさせて頂いております。ドーム「冬景色文花瓶」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様はアート買取協会まで御相談ください。他の買取会社よりも高い買取を頑張らせて頂きます。   

ドームの作品価値と買取相場

「冬景色文花瓶」の作者として有名で、19 世紀後半から20 世紀前半にかけて活躍したフランスのガラス⼯芸家のドーム兄弟。フランス東部のナンシーを活動拠点とするアール・ヌーヴォー(19 世紀末から20 世紀初頭の「新しい芸術」を意味する美術運動)の派閥のひとつ「ナンシー派」に属し、エミール・ガレなどと並ぶ作家として知られています。
ドーム兄弟は、美術の専⾨教育を受けたことがないため、外部からデザイナーや画家を積極的に迎えて共同制作を⾏いました。モチーフにキノコの⽂様が使われていたり、側⾯にカタツムリなどが装飾されていたりする作品は⼈気が⾼く、⾼額買取の対象となっています。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法